ソファのお掃除

激安のソファを買って毎日使っているのはいいけれど、新品のときは結構ソファのお掃除をしていたけれど、長い間使ってくるとなかなかお掃除も怠けがちになっている人いませんか?いくら、高級で高いソファを買っても日ごろのお手入れがきちんとしていなければ長く使えると思っていても、短い間でソファに穴が開いたり、傷が出来たりなんてことがあるんですよ。それじゃぁせっかく選びに選んで、悩んで悩んで買ったソファがもったいないですよね。

ソファの種類別お手入れ方法

永く愛用する事になる家具は日ごろのお掃除が欠かせませんょ! 日ごろのお掃除によってソファを長く使い続けるコツとなるんですよ!また、ソファにもソファの種類によってお掃除の仕方も変わってきます。そういったところもきちんと頭に入れておきましょう。

天然皮革ソファの手入れ先ずは天然の皮革ソファの場合のお掃除方法として、革は熱や水に弱いといわれています。なので、水などをソファにこぼした場合には、直ぐに拭き取るようにしてください。長い間、ほったらかしにしておくとソファの色が落ちたりすることもあります。なので、こぼれたら直ぐに早めにお掃除をしなければいけません。また、ソファにはお部屋のホコリなどがついてたまってしまうものです。掃除機やブラシでホコリをとりましょう。また、よく皮革のソファをお掃除するときにクリーナーなどを使う人もいると思いますが、ソファやソファベッドの特徴にあったクリーナーがあるので買うときには注意してください。

合成皮革のソファの手入れ次に合成皮革のソファのお掃除ですが、これは天然の皮革ソファとは違ってお掃除方法は結構簡単です。乾拭きや固く絞った布などで拭きましょう。ここで注意なんですが、気づいたらソファに子供が落書きなんてこともあると思います。その時に薬品などを使って消すことがあると思いますが、合成皮革のソファはアルカリ性や酸性に弱いものが多いです。なので、そういったものが入っている薬品などで拭くと色落ちや変形などがあるので気をつけてください。

布製ソファの手入れ次に布製のソファのお掃除ですが、これもお掃除は簡単で掃除機ブラシでホコリをとりましょう。掃除機でホコリをとる場合には普通の吸い取り口でお掃除してしまうとソファを傷めてしまいます。なので掃除機にかける場合には丸ブラシでお掃除するようにしましょう。また、ソファにシミなどがついている場合には家庭用洗剤などを薄めて、布を固く絞って拭き取りましょう。その後に乾いた布などで拭きとるようにしてください。拭き取る場合にはゴシゴシ拭いてしまうとソファを傷めてしまう原因となってしまうので、トントンと軽くたたくようにして拭き取りましょう。

日当たりに注意また、ソファはなるべく日のあたらない場所に置くことをおススメします。ソファの素材によっては色落ちなどの原因となるので気をつけましょう。日ごろのお掃除によってソファは長持ちするものです。新品のときの最初だけお掃除するのではなく、そのあともきちんとお掃除するようにしてくださいね!